header
HTLS 北海道理論言語学研究会

会則

北海道理論言語学研究会会則

2013年4月1日制定

【名称】
第1条 本会は北海道理論言語学研究会(Hokkaido Theoretical Linguistics Society(HTLS))と称する。
 
【目的】
第2条 本会は理論言語学、英語学および英語に関する研究を中心として行い、言語学理論の深化に寄与ことを目的とする。
 
【活動】
第3条 本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
1. 年に1回の大会の開催
2. 内外の研究者・教育者・学術団体との交流
3. その他本会の趣旨に添う活動
 
【会員】
第4条 本会の趣旨に賛同する者は、本事務局に申請することで会員として認める。
 
【役員】
第5条 本会に次の役員を置く。
1. 会長 1名
2. 副会長 1名
3. 事務局長 1名
4. 代表幹事 若干名
 
第6条 本会は顧問を置くことができる。
 
【役員の任務】
第7条 本会の役員の任務を次のように定める。
  1. 会長は本会を代表し、会務を総括する。
2. 副会長は会長を補佐し、会長の指示のもと、会運営を分掌する。また、会長不在の時はこれの代行を務める。
3. 事務局長は会長の指示のもと、事務局の運営にあたる。
4. 代表幹事は大会に関する重要事項を審査決定する。
 
【事務局】
第8条 本会の事務局は事務局長の研究室に設置する。
 
【役員の任期】
第9条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
 
【会則の変更】
第10条 本会の会則は会出席者の3分の2以上の同意があれば変更することができる。
 
【附則】
本会の会則は、2013年4月1日より施行する。
footermenu

リンク

協賛団体
日本英語英文学会(JAELL)

http://jaell.org/

事務局連絡先

北海道理論言語学研究会事務局

〒090-0015
北海道北見市公園町165番地
北見工業大学 戸澤隆広研究室内

© HTLS